スポサー リン



更新日 2017/10/12

Virtual TENHO-G!

 

  • アプリ料金:無料
  • オンライン対戦:×
  • Bluetooth対戦:○
  • 対応OS:Android
  • プレイ画面:縦/横
  • 操作方法:タップ

Virtual TENHO-G! 特徴

麻雀の教科書的なアプリ

豊富な対局モード、麻雀初心者向けの練習モード、わかりやすいルール解説から役の説明。さらには点数計算や符計算の練習ツールまで入っています。

 

縦横どちらの画面でもプレイできるので、ゆっくりプレイできる場所ではヨコ画面、電車やバスで移動中はタテ画面といった使い分けができます。また、左右どちらの手で持っていても操作しやすいように設定できます。

 

オートセーブ機能が付いてますので、オン・オフがスムーズです。オンライン対戦機能は付いていませんが、Bluetoothを使用すれば通信対戦可能です。

 

 

ゲームメニュー
  • 対局

    「二人~四人で対戦」の対CPU戦と、同じアプリを入れてるスマホ同士でBluetoothや無線ルーターを使用して行う「ネットワーク対戦」が選べます。

  • 設定

    使用するプレイヤーを選択したり、プレイ中の操作や画面の設定変更や言語設定も可能です。

  • おまけ

    「一人で練習」は一人麻雀です。「練習モード」は初級から上級まであり、出されたお題(役)を作って和了を目指します。「点数計算練習・符計算練習」では麻雀に出てくる計算を学べます。

  • ヘルプ

    「ルール解説」、「役解説」、「役満解説」とあり、それぞれ登場キャラクターがわかりやすく会話形式で説明してくれます。

  • おしらせ

    開発スタッフの紹介と更新履歴です。

 

細部にまで凝った作り

捨て牌にツモ切りか手出しの表示がされていたり、手牌の中の字牌に表示される王冠マークはその局で自分の役牌になるものです。また終局時には王牌(ワンパイ)の中身も表示されます。

 

「安牌表示」ボタンをタッチすると安牌(安牌というより現物)が表示までされます。

スポサー リン


Virtual TENHO-G!を打ち終わって

べた褒めしてしまう麻雀アプリ

対局モードは四人麻雀はもちろん二人打ちも三麻も遊べて、練習モードでは一人麻雀もできます。幅広く遊べるので、初心者から上級者まで楽しめると思います。

 

オンライン対戦は出来ませんが、Bluetoothやルーターを使用して、アプリを入れた端末(スマホ)が復数あれば対戦可能です。

 

ルール説明や役説明を登場キャラが会話形式で説明してくれますが、これが解りやすいし面白いです(笑)読んでいるだけで楽しめました。

 

操作性では画面の切替が早く、ストレスを感じることもなく麻雀を楽しめました。

 

入れておく価値のある麻雀アプリですよ。

 

 

 

 

 

Virtual TENHO-G!のダウンロードページはこちらです。

↓↓↓

スポサー リン