スポサー リン



更新日 2017/10/12

どこでも麻雀

 

どこでも麻雀アイコン

IGNIS APPS INC.

 

どこでも麻雀評価

 

「どこでも麻雀」レビュー

どこでも麻雀タイトル画面

麻雀を気軽にサクッとプレイしたい。そんな願望を叶える麻雀アプリ「どこでも麻雀」をご紹介いたします。アプリ開発者曰く、お手軽麻雀アプリの決定版だそうです。物凄い自信ですね。どれだけお手軽なんでしょうか。

 

アプリを開くと、なんの前触れもなく秒速でタイトル画面が表示されます。中央デカデカとした構える「対局」の文字。もう、これ以外押すなと言わんばかりですね。しかし、そうはいきません。ルールやら設定やら確認したいことは山ほどあるのです。

 

どこでも麻雀ルール説明

 

ルールを見ていきましょう。ご覧の通り、とにかく全部ありです。唯一ダブル役満だけが採用されていません。各項目はもちろん変更不可。さっさとゲームに戻るんだ、というサクサクを促してくる画面ですね。戦績も閲覧できません。すごく刹那的な麻雀アプリだと思います。

 

どこでも麻雀対局画面

 

対局ボタンを押すと、瞬きする間もなくゲームが始まります。あれ、キャラは?配牌は?そういった手続きを全て吹っ飛ばすスピーディさは、お手軽感を追求した結果でしょう。

 

画面中央にドラや残りの山の数が表示されていますが、アガれる状態になるとロンやツモのボタンが取って変わります。完全にドラゴンボールなビジュアルですが、スマホを7台用意しても願いは叶いません。

 

どこでも麻雀リザルト

 

対局早々、なんと役満をアガる事ができました。かなり緩いアルゴリズムなのでしょうか。かと思えば意趣返しのようにCPUが猛反撃。即リー、早上がりで対抗してきます。

 

ゲームバランスに関してあまりいいとは思えません。流れが極端でワンサイドゲームになりがちな印象でした。

 

どこでも麻雀最終結果

 

リザルトでもCPUの結果を見せるなんて野暮ったいことはしません。ただ自分が何点稼いだのかということだけがわかります。一回の対局時間は長くても10分程度でしょうか。飛びがアリなので点棒がマイナスになった時点で終了です。

 

サクサク麻雀アプリを謳っているだけあって、操作性もスムーズだし「ツモる」「牌を切る」といった動作がかなり早いですね。本当に短時間で麻雀を遊びたいなら打ってつけでしょう。

 

気になるのは広告の数です。操作を邪魔するようなことはないんですが、結構視界に入って気になります。牌の表示が小さく、目を凝らさないと見逃してしまう場面もいくつかありました。どっしり腰を据えて打つのは向かないでしょう。

 

ダウンロードページはこちらです。

 

どこでも麻雀「Google play」ダウンロードページへ

【Google play】

どこでも麻雀「App Store」ダウンロード

【App store】


 
スポサー リン